早起きなど睡眠からわかる性格タイプとは?

ビジネス

早起きが好きな人は、ある性格タイプを持っています。

早起きと早寝を好む「ラーク」と呼ばれる人たちは、より良心的であることが明らかになりました。

良心的な人は、体系的で従順であり、良心的でない人に比べて計画を実行する可能性が高いのです。

朝型の人は、粘り強く、冷静で、計画的で、達成することを強く求めている傾向があります。

一方、夜型の人は、優柔不断でリスクを取るタイプの人が多く、衝動的ではあるが、物事を成し遂げるのに問題があるタイプの人が多いようです。

それぞれの性格特性と、「ヒバリ」か「フクロウ」か、つまり朝型か夜型かをテストしました。

良心的な性格は、朝型と最も関係のある性格特性です。

この結果は、朝型の人は基本的に良心的な人であることを示唆しています。

一方、朝型の人は、朝早く起きるという事実を除けば、勤勉で信頼性が高く、ほとんどの時間を忠実に行動し、一般的にスケジュール通りに物事を終わらせることを好む傾向があり、これは良心的な人の典型的な特徴であると言えます。

人によっては、朝や夜の活動に好みがなく、特に早く起きたり、特に遅く寝たりする人もいます。

しかし、早起きが好きな人にとっては、ある種の性格タイプを示唆しているといえるでしょう。
「朝型」と「達成感」の間には正の相関関係があり、これは良心的な人によく見られる特徴です。

朝型は優柔不断や先延ばしと負の相関があり、これらは良心的なスコアの低い人に典型的な行動です。

朝型の人は、先延ばしにする傾向があります。

先延ばしをする人は、先延ばしをしない人に比べて、「昼型」ではなく「夜型」であると自認しています。

また、朝型の性格は、衝動性やリスクを取る傾向が強いことと逆相関しているという知見もあり、これも非意識的な人に典型的な特徴です。


お気に入り
タイトルとURLをコピーしました