若く見えることに関連する性格的特徴とは?

ビジネス

この性格的特徴が高い人は、若く見え、歩くのも速い。

自制心は、よりゆっくりと老いることと関連していることが、新しい研究で明らかになりました。

自分の思考、感情、行動を上手にコントロールできる人は、45歳の時点で生物学的に若い脳と体を持っています。

つまり、自制心の高い人は、見た目も若く、歩くスピードも速いということです。

しかし、自分には自制心がないと感じている人も、絶望する必要はありません。

自制心は定まったものではなく、学ぶことができます。

また、運動や禁煙を始めるには、中年期でも遅くはありません。

この結論は、追跡調査された約1,000人を対象とした研究から得られたものです。



自制心が老後の生活に役立つかどうかを調べることでした。

人口はますます高齢化しており、加齢に伴う病気を抱えながら長く生きています。

幼少期の自制心が、人々の健康的な加齢に役立つ可能性があることを発見しました」。

この研究では、3歳頃から45歳までの人々を追跡調査しました。

子供の頃は自制心を、大人になってからは脳と体の老化の兆候を検査しました。

その結果、子どもの頃に自制心が高かった人は、大人になっても歩くのが速く、顔も若く、体全体が健康であることがわかりました。

誰もが、病気がちで、貧しく、孤独な老後を恐れています。ですから、良い年の取り方をするためには、身体的にも、経済的にも、社会的にも、準備をする必要があります。

子供の頃から自制心を働かせてきた人は、同年代の人よりもはるかに老後に備えていることがわかりました。

自制心を高める
自制心を高めるには、科学的に裏付けられたさまざまな方法があります。

自己肯定感を高める、忙しくする、感謝の気持ちを持つ、抽象的な考え方をする、罪のライセンスを避ける、頑張りすぎない、などです。

フリーランスエンジニア、副業向けの求人・案件をまとめて検索!【テックゲート】

タイトルとURLをコピーしました