人気がある高タンパク質、低炭水化物糖質ダイエットの食事方法とは?メリットとデメリット!

低炭水化物ダイエットダイエット

アトキンスダイエットのような高タンパク、低炭水化物、糖質オフのダイエットは、効果的な減量ダイエット方法として広く知られています。
これらのダイエット法は一般に、総カロリーの30%〜50%をタンパク質から摂取することを推奨しています。
タンパク質を含み、カロリーが少ない食事を推奨しています。

1日のカロリーの10%-35%をタンパク質から摂取することを推奨しています。
これは、成人女性では約46グラム、成人男性では56グラムのタンパク質です。

低炭水化物ダイエットとは?

炭水化物は体の主なエネルギー源です。エネルギーのための十分な炭水化物がなければ、体は脂肪をケトンに分解します。
その後、ケトンは身体の主要な燃料源になります。
ケトンが主要な燃料源になると、これはあなたの体をケトーシスと呼ばれる状態にします。

脂肪の蓄積が主なエネルギー源になると、体重が減る可能性があります。



高タンパク質、低炭水化物ダイエット食のリスクとは?

一部の専門家は、高タンパク質、低炭水化物ダイエットについて懸念を表明しています。

高コレステロール。脂肪源の肉、全乳製品、その他の高脂肪食品などの一部のタンパク質源はコレステロールを上昇させ、心臓病の可能性を高めます。
しかし、研究では、最大2年間アトキンスダイエット中の人々が実際に「悪玉」コレステロール値を低下させていたことが示されました。

腎臓の問題。腎臓に問題がある場合は、タンパク質を食べすぎると腎臓に負担がかかります。
これは腎機能を悪化させる可能性があります。

骨粗しょう症および腎臓結石。高タンパク食をしているときは、通常よりも多くのカルシウムを排尿することがあります。
相反する報告がありますが、一部の専門家は、これにより骨粗しょう症と腎臓結石が発生する可能性が高くなると考えています。



低炭水化物ダイエットは適していますか?

高タンパク質食を検討している場合は、医師または栄養士に相談して、大丈夫かどうかを確認してください。
人によっては、合わない場合があります。十分な果物と野菜を得ていること、そして赤身マグロのタンパク質食品がおすすめです。

様々なダイエット方法がありますが、低炭水化物、糖質オフのダイエットは、始めやすく、人気があり、効果があるダイエット方法です。
しかし、メリットもある分、デメリットもあります。長期的に継続して続けるのではなく、期間を決めて、健康を損なわないようにダイエットを行いましょう。
食事の改善と筋トレや運動をすれば、徐々に体重は減っていきます。

減量のための高たんぱく質ダイエット

高たんぱく食を摂ると、空腹感を抑えるのに役立ち、減量に役立ちます。
食事にたんぱく質が少ない場合は、増やすようにしましょう。

食事にたんぱく質をたくさん加える場合、カロリーに気をつけ、肝臓や腎臓の疾患がある場合は、医師に相談してください

最高のタンパク質源、栄養素が豊富で、飽和脂肪とカロリーが低いたんぱく質源を摂取してください。

赤身の肉
シーフード

わたし
低脂肪乳製品

ナッツと種

プロテインをおすすめします。たとえば、サーモンやその他の魚にオメガ3、豆、レンズ豆が豊富に含まれていて、繊維やタンパク質、サラダにクルミ、オートミールにアーモンドが含まれているとします。

どのくらいのタンパク質を摂取していますか?

【炭水化物と脂肪】
たんぱく質を食事に加えている間、次のような「炭水化物」もおすすめです。

果物
野菜
全粒
豆類と豆類(どちらもタンパク質も含む)
低脂肪牛乳とヨーグルト(どちらもタンパク質)
ナッツとナチュラルスタイルのナッツバター
種子
オリーブ
エキストラバージンオリーブオイルとキャノーラオイル

アボカド



★ お気に入り追加