心と体を本当にリラックスさせる6つの疲れを取る方法とは?

ビジネス

これらの6つのステップを週に数回試して、心の開放感を味わってみませんか。

人は誰でも、日々の生活の中でプレッシャーを感じることがあります。

リラックスした時間を過ごせば、自然と良い効果が得られます。

しかし、リラックスはそれ自体が芸術であり、学ぶ必要があります。

誰もが生まれつきリラックスするのが上手なわけではありません。

人によっては、「リラックスする時間」が怖いと感じることもあります。

それは、リラックスするための最善の方法をまだ見つけていないからです。

以下の6つのステップで、心を開き、今を生きるための方法を試してみてください。

ステップ1:時間をつくる
時間を作るのは難しいかもしれませんが、その価値はあると思います。

1時間は必要でしょうが、自分の都合の良い時間で構いません。

その間、気が散らないようにしましょう。

ステップ2: 疲れを取る
最初のステップは、現代の猛烈なペースの生活から抜け出すことです。

そのためには、心が自由になるようなごく簡単な活動が有効です。

慣れ親しんだ料理を作る、音楽を聴く、散歩をするなど、自分に合った方法を考えてみましょう。

漸進的筋弛緩法や瞑想など、より正式な方法を用いても構いません。

アルコールは副作用があり、集中力を維持するのが難しくなるため、心を落ち着かせるためには避けた方がいいでしょう。

同様に、テレビなどの刺激的なものも、心を落ち着かせるのには適していません。

心を広げるにはスペースが必要なのです。

ステップ3:ポジティブな感情を見つける
記憶を頼りに、ポジティブな感情を探してみましょう。

人生の良い瞬間にフォーカスしてみましょう。

大事なことでなくても構いません。

いい香りがしたとか、ちょっとした仕事がうまくいったときの満足感とか、何年も前の記憶でもいいのです。

その記憶にしばらくの間集中して、その感情に身を任せてください。

好きなだけ探ってみてください。

ステップ4: 感謝する
人生の中で、感謝していることを1つか2つ考えてみましょう。

何でもいいのですが、家族や友人などの人間関係を選ぶことが多いです。

あるいは、自分の健康や、最近あなたに小さな親切をしてくれた人のことでもよいでしょう。

その気持ちをしばらくの間、心にとどめておいてください。

ステップ5: 過去に浮かんだネガティブな考えに手を振る
心を自由にしていると、時にネガティブな考えに行き着くことがあります。

それに気づいて、手放すようにしましょう。

大切なのは、それを押しのけてしまうのではなく、道ですれ違った知人に手を振るように、気づいて受け入れることです。

そして、ポジティブな考えや感謝できることに、そっと心を向けてみましょう。

ステップ6: 深く集中する
しばらくすると、より穏やかな心の状態になってきます。

ここでは、より多くの時間があるように感じられます。

そして、時間は自身のものです。

今、選択することができます。

このような状態を楽しんでいるのであれば、そのまま続けてください。

この状態を維持できるような瞑想的なものがあれば、今はそれに頼るべき時です。

読もうと思っていた本を開いたり、日記を書いたり、絵を描いたり、自分の好きなことをしてみましょう。

ただし、何かをするにしても、深い集中状態を崩さないようなものにしてください。

例えば、テレビをつけたりすると、せっかくの時間が台無しになってしまいます。

ネットで買い物をしたり、ニュースを読んだり、ゲームをしたりしても、気持ちを維持することはできません。

それよりもはるかに良いのは、集中している感覚をできるだけ長く維持することです。
たとえ、その瞬間を楽しむことだけに集中したとしても。

実際には、その瞬間を楽しむこと以外に何もしなければ、特にそうです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました