Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

簡単に記憶力を向上させる9つの方法

 

記憶力を向上させる、意外でほとんど簡単な9の方法。
記憶力を向上させる方法の多くは、運動、連想、脳トレなど、精神的努力を必要とします。

とても簡単な記憶力アップの方法を9個ご紹介します。

これらの方法は、2、3の例外を除いて、ほとんどの人が努力や費用をかけずに行うことができます。

1.右手のこぶしを握る

学習中に右手を握りしめて拳を作ると、記憶を助けることができます。

後になって思い出すときには、左手を握りしめます。

学習時に右手の拳を握り、想起時に左手の拳を握った場合は、もう一方の拳を握った対照群や全く握らなかった対照群よりも良い結果が分かりました。

2.ガムを噛む

ガムを噛むことで、作業に集中することができ、記憶力が向上します。

ガムを噛んでいる人と噛んでいない人の音声記憶力を比較しました。

ガムを噛んでいる人は、噛んでいない人に比べて短期記憶が向上しました。

3.睡眠をとる

睡眠の多くの利点の1つは、記憶力を強くすることです。

睡眠中の脳は驚くほど忙しく、その中で記憶の作業が行われているからです。

睡眠は記憶を強化するだけでなく、記憶を再構築して再構成します。

例えば、人は自分にとって価値の高いものを夢に見る可能性が高く、そのようなものを思い出す可能性が高くなるという結果があります。

また、ピアノを弾くことが大切なら、昼寝中に曲を聴いてみるのもいいでしょう。曲を聴くことで記憶が定着することがわかっています。

4.散歩をする

年を重ねるごとに、多くの人が記憶力に問題を抱えるようになります。

しかし、歩くだけで、高齢になっても記憶を保つことができます。

週に約5.8km歩いた高齢者は、座りっぱなしの高齢者に比べて、9年後の灰白質の体積が大きいことがわかっています。

5.喫煙をやめる

禁煙が身体に良いことはよく知られていますが、記憶にも良いことはあまり知られていません。

それは、喫煙が記憶にダメージを与え、禁煙することで記憶の機能をほぼ正常に戻すことができるからです。

これが、禁煙する(あるいはタバコを吸わないことを喜ぶ)もう一つの理由です。

6.固定観念を無視する

加齢とともに記憶力が低下すると思っているなら、おそらくそうなるでしょう。これは自己実現的な予言です。

年齢と記憶力に関する固定観念を思い出された高齢者は、テストの成績が悪くなります。

ですから、固定観念を気にしないことで、年齢による記憶の問題を少なくすることができます。

7.Facebookの投稿を読む

人の記憶は、本の文章や人の顔よりも、Facebookの投稿の方がはるかに強いそうです。

Facebookの投稿が記憶に残りやすいのは、「心の準備ができている」からだと考えられています。

8.ローズマリーを嗅ぐ

ローズマリーという精油の香りは、長期記憶、暗算、見込み記憶(特定の時間に物事を行うことを思い出すこと)を向上させることがわかっています。

ローズマリーの香りが漂う部屋に座った参加者は、対照群に比べて記憶課題の成績が良かったという結果が出ています。

9.体重を減らす

喫煙と同様、体重増加は記憶障害と関連していますが、これらは元に戻すことができます。

体重をある程度減らせば、記憶機能が回復する可能性があります。

高齢で過体重の女性が6ヶ月間で平均85kgの体重を77kgに落としたところ、記憶機能が改善したことが分かりました。

タイトルとURLをコピーしました