ルール破りはより成功する起業家になる?

ビジネス

成功する起業家は、頭脳明晰で、10代の頃に危険な行動をとった経験があります。

成功している起業家は、10代の頃に違法行為を行っていた可能性が3倍も高いことがわかりました。

どのような認知的要因やその他の要因が、成功した起業家、特に事業を法人化した起業家に関連しているかを調べました。

起業家として成功するには、頭が良く、自尊心が高く、教養があることはもちろんですが、リスクを取る魅力も必要であることがわかりました。

優秀な起業家は、10代の頃にルールを破った経験を持っていることも多いのです。

しかし、このような違法な側面は、非常に安定した家庭環境と結びついていました。
成功した起業家は、以下のような家庭の出身者に偏っていました。

高収入で、高学歴で安定した家庭でした。

つまり、ここでは不利な立場にある若者の話をしているのではないのです。

また、ここでは女性の話もしていません。平均的に男性はより積極的で、より高いリスクを負う覚悟があるため、起業家になる可能性が高いのです。しかし、法人化した起業家のうち、女性の割合はわずか28%でした。

リスクが高ければ報酬も高い?
しかし、この余分なリスクは報われるのでしょうか?

調査では、金銭的な意味では、リスクが報われる可能性があることがわかりました。成功した起業家は、同じようなサラリーマンに比べて、1時間あたりの収入が41%多く、しかも労働時間が長かったです。

しかし、起業家であることが家庭生活や心理的な健康に与える影響については何も語られていません。もしかしたら、経済的なメリットほどではないかもしれません。

同様に、リスクを取ることが好きで、かつ自尊心が高いことは、判断を誤らせる危険な組み合わせとなります。
そのため、起業家の周りには、自分がやりすぎたときに抑えてくれる、リスク回避能力の高い人が必要になります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました