転職を成功させるには?仕事を変えるための10のステップ!

転職成功ビジネス

転職をするということは、通常、時間とお金の両方を投資することを意味します。どんな投資でもそうですが、決断する前に情報を得ておくことが重要です。転職をする前に、成功の可能性を高めるためのステップをご紹介します。

転職が必要かどうかを判断する

転職について考え始める前に、本当に転職が必要かどうかを判断する必要があります。新しい仕事を見つける必要があるかもしれませんが、それは簡単な作業ではありませんが、確かに全体のキャリアの模様替えよりも簡単です。

自分を評価する

転職を決意した場合は、転職サイトで無料で利用できるキャリアテストと呼ばれる自己診断ツールを使って、自分の価値観やスキル、性格、興味のあることなどを評価する必要があります。自己診断ツールは、一連の質問に対する回答に基づいて、適切と思われる職業のリストを作成するために使用されます。キャリアカウンセラーやその他のキャリア開発の専門家に実施してもらう人もいますが、多くの人はオンラインで利用できる無料のキャリアテストを利用しています。

事実。dodaは大手に強い。

調べるべき職業のリストを作成する

自己評価ツールを使用して作成された職業リストに目を通してみてください。おそらく長いので、5~10個程度の短いリストを作成するとよいでしょう。複数のリストに出てくる職業や、以前に検討したことがあり魅力を感じたことがある職業には、○をつけたり、ハイライトをつけたりしてみましょう。これらの職業は、「探索すべき職業」と題した別のリストに書き出してください。

求人サイトで職業を調べる

リストにある各職種について、仕事内容、学歴やその他の条件、仕事の見通し、昇進の機会、収入などを確認しておきましょう。これらの情報のほとんどは、求人情報に直接掲載されているか、Indeedなどの求人サイトで見つけることができます。これらの求人サイトでは、複数の情報源から情報を集約していることが多いので、個々の求人情報を見る手間が省けます。

リクルートエージェント

リストの絞り込みを続ける

自分の研究から学んだことに基づいて、可能性のある職業のリストを切り詰めてください。例えば、高度な学位を必要とする職業の準備に時間とエネルギーをかけたくない場合や、特定の職業の収入が不十分であると考える場合があります。

情報提供型インタビューの実施

この時点では、リストに残っている職業はわずかです。自分は今、より詳細な情報を収集する必要があります。この情報源として最適なのは、自分が興味を持っている職業についての直接的な知識を持っている人たちです。その人たちが誰なのかを特定し、可能であればその人たちとのインタビューを行いましょう。個人的に知り合いがいない場合は、LinkedInは素晴らしい情報源になります。希望する職種の人を見つけて、その分野に興味を持っている人とつながり、連絡を取ることができます。

目標を設定する

今までに、自分は追求したい職業を一つ決めているはずです。最終的にその分野で仕事を見つけるための計画を立てる前に、まずいくつかの目標を設定する必要があります。これらの目標は、1年以内に達成できる短期的な目標と、1年から5年かかる長期的な目標に分ける必要があります。例えば、コミュニティカレッジに申請して準学士号を取得することは、1年以内に達成することができ、短期的な目標となります。2年を必要とする資格を取得することは、長期的な目標となります。これらが自分の進歩を測ることのできる実行可能な目標であることを確認することが重要です。

エンジニアのための、新しい転職サービス【GeekOut】

転職アクションプランを書く

目標を設定したら、その目標を達成する方法を決める必要があります。転職アクションプランは、短期的な目標と長期的な目標を追求する際の指針となります。行動計画を作るための最初のステップは、すべての目標をリストアップすることです。目標をリストアップしたら、それぞれの目標を達成するために必要な具体的なステップを書き出します。また、目標を達成するための障害となる可能性のあるものも書き出しておきましょう。この情報を目の前に持っていると、第一の目的である仕事を見つけるために必要な行動に優先順位をつけることができます。

新しいキャリアのためのトレーニング

キャリアを変えるということは、いくつかのトレーニングを受けなければならないということかもしれませんが、新しいキャリアで使えるスキルを持っている可能性もあります。トレーニングを受ける前に、自分がすでに持っているスキルと、身につける必要のあるスキルを確認しましょう。新しいスキルを学ぶには、学位や資格を取得したり、インターンシップをしたり、オンラインコースを受講するなどの方法があります。

現在の仕事に別れを告げる

転職を決意したきっかけが仕事を辞めたことであれば、仕事を辞めることに悩む必要はありません。しかし、自分が現在雇用されている場合、自分は仕事を辞めなければならないし、自分がしようとしている人生の変化についての罪悪感や不安の潜在的な感情など、それに関連するいくつかの問題に対処しなければなりません。

★ お気に入り追加