AB型は認知症になる可能性が82%高い?血液型で記憶力や思考力低下に!

ビジネス

この血液型は人生の後半での記憶喪失につながります。
3万人以上を約3年半対象とした研究で、血液型と認知症予備軍の間に関連性があることが判明しました。

AB型の血液型を持つ人は、記憶喪失になりやすいことが分かりました。

AB型は比較的珍しい血液型で、記憶力や思考力の低下との関連が指摘されました。

AB型の血液型を持つ人は、認知症につながる認知機能の問題を発症する可能性が82%高いことがわかりました。

血液型と認知障害のリスクについての調査で、高血圧、高コレステロール、糖尿病などの要因が認知障害や認知症のリスクを高めることは、いくつかの研究で明らかになっています。

また、血液型は、脳卒中などの他の血管疾患にも関係しており、結果は、血管の問題と脳の健康との関連性を浮き彫りにしています。記憶や思考の問題を発症しました。

認知機能に問題のなかった人を比較したところ、AB型の人は、記憶力や思考力に問題がありました。

しかし、生活習慣や環境による影響もあります。

定期的な運動や食事、肥満、学習、ストレス、栄養、遺伝、環境、睡眠を守り、お酒や喫煙を控えることで、血液型によるマイナス効果よりもプラス効果が得られる可能性が高いです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました