Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

なぜ恋愛の終わりには離婚や別れが必ず必要?人間関係の終結が必要な理由!

 

サイクルを「閉じる」必要があるというのは、非常によく聞く話です。
しかし、それは人間関係の領域ではどうなのでしょうか?
それを見てみましょう。

人間関係の終わりにクロージングが必要な理由

あるTVシリーズは終結の重要性を表現していました。悲嘆はより困難になると考えられていました。そのため、各エピソードを通して、終結の必要性と、それを達成するためのさまざまな方法が視聴者に理解されたのです。

人間関係の終わり(離婚や別れ)は、誰にとっても損失です。実際に、あらゆる確率で、それが起こると、悲嘆のプロセスを経験することになります。このプロセスは、なぜ別れたのかという合理的な説明があれば楽になります。

納得のいく説明が得られれば、心理学的に適切な方法で関係を「閉じる」ことができるでしょう。

認知的閉鎖

認知的閉鎖とは、曖昧で不確かな状況に対して、納得のいく説明を見つけようとすることです。

人間関係が終わったとき、なぜそれが終わったのかを理解する必要があります。そうすれば、自分の物語の中でその意味を理解することができます。この説明は、自分の心のスキーマの一部となり、今後の人生をよりよく説明し、予測するのに役立ちます。

しかし、自分の関係が終わり、恋人や結婚相手が単に姿を消した場合、相手は自分に説明を拒否したことになります。そのため、相手の行動の理由が分からず、何かが欠けているような感覚に陥ります。

区切りがつかないというのは厄介な感覚です。なぜなら、ある情報がないと、自分のことがよくわからなくなるからです。さらには、自分の周りの世界を理解することも難しくなります。

自分の経験を統合する必要があります。自分の価値観の中で意味を持たせなければなりません。さらに、それらを使って自分の知識を増やしていく必要があるのです。つまり、将来的には、自分の現実をより正確に説明し、予測できるようになるのです。

性格タイプ別のクロージングの必要性

ほとんどの人にとってはある程度必要なものですが、誰もが同じようにクロージングの必要性を感じているわけではありません。実のところ、それは自分の性格によります。

閉鎖欲求が高い人の特徴は、不確実性に対して大きな不寛容さを持っていることです。相手は、秩序、規則、予測可能性に依存する強迫観念的な人々である傾向があります。相手は、極めて明確に定義された現実の構造を必要とします。さらに、権威主義的で独断的なところがあり、物事を行う「正しい方法」を知っていると確信しています。政治的にも社会的にも保守的な傾向があります。

一方、閉鎖欲求が低い人は、創造性に富み、不確実性や驚きに対する許容度が高いという特徴があります。衝動的な人が多く、認知的にも複雑な傾向があります。さらに、認知の柔軟性が高いので、曖昧な状況や矛盾した状況でも、うまく対応することができます。

最後に、閉鎖を避けたいというニーズを持つ人もいます。言い換えれば、何が起こったかを知らない方がいいということです。それは、説明されることで、単に知らないでいるよりも自分が損をすると思い込んでいるからです。
閉じ込められていない時、必要な時にはどうすればいいのでしょうか?

もちろん、自分が必要とするものを他人に強要することはできませんし、すべきでもありません。しかし、相手が非協力的で、何の説明もなく自分から距離を置いた場合、自分は人間関係の中で宙ぶらりんになってしまいます。

健全な態度をとることが必要です。そのためには、自分が責任を持って行動することが大切です。言い換えれば、自分は閉鎖されていないことを管理しなければなりません。

とはいえ、具体的にはどうすればいいのでしょうか?実際のところ、説明のつかない損失に対して終結を得るためには、説明を得ることをあきらめる以外の選択肢はありません。辛くて、難しくて、不公平なことですが、よく考えてみると、それは自分のためにもなります。

しかし、よく考えてみると、それは自分のためにもなるのです。他の選択肢としては、いつまでも個人的な質問を受け続けることです。いつまでも自分自身に理由を問い続けることになります。ある時点で、それをやめなければなりません。前に進まなければならないのです。

悲しみの道を歩み、悲しみや罪悪感、怒りなどの感情に対処した後、自分の目標は受け入れることです。受け入れるためには、自分を縛っているすべての重荷を手放す必要があります。その中には、答えや説明を求める気持ちも含まれています。手放すことで、自分は自由になれるのです。

別れの悲しい女性

それはどのような場合に起こりますか?
恋愛における認知的終結は、なぜこのようなことが起こったのか、もっともらしい説明を得られたときに起こります。

この説明は、自分や他人、そして自分を取り巻く世界の側面を理解するのに役立つため、自分は終結を経験する必要性を感じます。

相手との関係を閉じようとすることで、受けた損失に意味を与え、人生の重要な部分に別れを告げることができます。

しかし、残念なことに、多くの場合、関係が成熟した形で終わらず、終結も完全ではありません。そのため、質問に対する答えがないままになってしまいます。このような場合、終結をあきらめることは、自分を解放することになります。確かに、説明を求める気持ちを手放すことで、前に進むことができます。

タイトルとURLをコピーしました