モチベーションを上げるための正しい方法とは?

特集

上司の中には、優しすぎて寛容な人もいれば、厳しすぎて厳しい人もいます。幸せな中間がありますが、それには具体的な境界線と明確なコミュニケーションが必要です。重要なのは、期待することの概要を示し、必要に応じて小刻みに対応する機会を提供することです。

従業員を大切にする

一流のリーダーは、社員のモチベーションを高めて、自分が考えていた以上のことを成し遂げるようにします。社員が「大切にされている」「元気づけられている」「大切にされている」と感じると、目標達成のために最大限の努力をしたいと思うようになり、目標以上の成果を上げたいと思うようになります。

逆に、社員が声をかけられていないと感じたり、期待に圧倒されていると感じたりすると、社員は固まったり、行動を起こしたりすることもあります。

従業員のモチベーションを効果的に高めるためには、チームの各人が何を原動力にして成功を収めているのかを確認してください。そして、どのように支援できるかを尋ねてみましょう。

一つの質問をすることで、従業員のモチベーションを高めることができます。目標を達成するために何ができますか?

または、より生産的になるために何ができますか?このシンプルな「何ができますか」という質問は、従業員に、自分が大切にされていること、チームの重要な一員であることを伝えることができます。さらに、個人的に成功へコミットしていることを強調しています。

オフィスの状況が変わったときには、フォローアップを忘れずに。去年はうまくいっていたことが、今はもうモチベーションの源になっていないかもしれません。

言葉と口調に気をつける

善意にもかかわらず、無意識のうちに事態を悪化させてしまうことがあります。そのため、言葉の選び方や口調には細心の注意を払いましょう。

従業員を脅迫するのは避けましょう。これをしない場合は、私はできる人を見つけると言わないでください。従業員をスター社員と比較しないようにしましょう。他は優れているとは言わないでください。どちらの戦術もやる気を失わせ、落胆させるものです。

従業員の中には、信頼を得るように仕向ける人もいれば、間違っていることを証明するまで信頼している人もいます。どちらの場合も、脅迫的な言葉は従業員のやる気をなくし、信頼を潰すのに役立ちます。

よくあるマネジメント上のミスとしては、従業員にコンプライアンスを強要したり、従業員を他の人と比較したりすることが挙げられます。

雇用主の中には、誰もが同じことをモチベーションにしていると勘違いしている人もいます。従業員のモチベーションを高める要因はそれぞれ異なることを認識してください。

だから、同じ戦術や報酬を与えても、すべての人に効果があるわけではありません。そして、従業員がライフサイクルの中でどこにいるかは、特定の目標を達成するために彼女を駆り立てるものに影響を与える可能性が高いです。

例えば、キャリアのスタート時の従業員は、コネクションを作るために、または次の昇進のためのラインでスポットを獲得するためにポイントを獲得するために駆動されるかもしれません。

また、中途入社で家庭を持ち始めた従業員は、オフの時間を増やしたり、柔軟なスケジューリングの機会を与えられたりすることで、モチベーションを高められるかもしれません。

従業員が何を望んでいるか、何を必要としているかを知っていると決めつけてはいけません。

コミュニケーションをオープンにしておき、可能な場合には、従業員が最もサポートされていると感じ、個人的な目標や会社関連の目標を達成することにコミットする計画を考案するために一緒に働来ます。

★ お気に入り追加