日々のストレスに対処するための意外な方法

ビジネス

もし誰もがこの驚くべき方法でストレスに対処していたらと想像してみてください。

他人にちょっとした手助けをすることは、日常的なストレスに対処するための意外に効果的な方法であることが分かりました。

人を助けることは、自分自身を助けることにもなります。

ストレスの多い日は、通常、気分が悪くなり、精神的な健康状態も悪くなりますが、結果によると、誰かのためにドアを開けてあげるなど、他人のために小さなことをすると、ストレスの多い日でも気分が悪くならないことがわかっています。

そして、日常的なストレス要因は、意外にも健康を害するものです。

そのため、ストレスを感じると、人に助けを提供するのではなく、人の助けを必要としているように感じることがあります。

しかし、少し積極的に行動することは、自己の利益につながります。

毎日、ストレスを感じる出来事や、他人にちょっとした手助けをしたことがあるかどうかをリストアップしました。

ドアを開けてあげたり、助けが必要かどうか聞いてあげたりといった小さなことも含まれます。

その結果、人を助けることは、ストレスに対する人々の感情を和らげ、より幸せな気分にさせることがわかりました。

驚くべきことに、その効果は、日常的な経験の中で、非常に強く、均一であることがわかりました。

例えば、ストレスの多い日に、より多くの向社会的行動をとったとしても、ポジティブな感情や日々のメンタルヘルスにストレスの影響は基本的にありませんでした。

また、より多くの向社会的行動をとった場合、ストレスによる負の感情の増加はわずかでありました。

非常にストレスの多い時期、道案内をしたり、助けが必要な人がいないか尋ねたり、エレベーターのドアを押さえたりすることを考えてみてください。

そうすることで、ほんの少し気分が良くなるかもしれません。

次の段階として、より社会的な行動をするように人々に伝える実験を行い、それが気分にどのような影響を与えるかを調べる必要があります。

このことは、特に抑うつ気分や高い急性ストレスを経験している個人において、ストレスに対処するための潜在的な介入として、向社会的行動を処方することができるかどうかを明らかにするのに役立ちます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました