Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

ブルーライトが昼夜を問わず注意力を高める

 

ブルーライトを浴びると、反応速度や注意力が向上し、脳波が活発になることが分かりました。

多くの人が屋内で仕事をしており、冬場は自然光が不足するため、この新しい調査は人工照明の設計に重要な影響を与える可能性があります。

短波長の青色光を、別の被験者には緑色光を照射した。相手は6.5時間の間、光の下で通常の日常生活を続けました。

青色光を浴びた人は、その後、聴覚の反応速度が速くなり、注意力が高まり、脳波のパターンからも注意力が高まっていることがわかりましたが、意識的には注意力が高まったとは感じていませんでした。

青色光が夜間の覚醒度を向上させることが明らかになっていましたが、この効果が日中の光の照射でも得られることがわかりました。これらの知見は、日中にブルーライトを長時間浴びることで、注意力を高める効果があることを示しています。

夜間にブルーライトを照射することでも覚醒度が高まるという知見に基づいています。

夜間にブルーライトを照射すると、人々の覚醒度が昼間のレベルに近づきます。

光が脳に与える影響についての理解を深めるとともに、人間の覚醒度、生産性、安全性を向上させるために光を利用するという新たな可能性を開くものです。

夜勤者の覚醒度を向上させることは、明らかに安全上のメリットがありますが、日勤者にとっても、より質の高い照明があれば、見やすくなるだけでなく、より注意力を高めることができるです。

将来的には、適切な波長の光を供給するスマートな照明システムがより広く普及することが期待されています。

タイトルとURLをコピーしました