健康で長生きするための4つのベストな長寿になる方法!

健康

長生きのシグナルとなるライフスタイル要因

寿命を延ばす主なライフスタイル要因は、ストレスを減らし、喫煙、大量の飲酒、2型糖尿病を避けることです。

2型糖尿病は、定期的な運動や健康的な食事、十分な睡眠をとることで自然に予防することができます。

睡眠不足などの生活の質や、肥満などの生活習慣上の危険因子は、すべて寿命に影響します。

糖尿病と喫煙が男女ともに寿命を縮める主な原因であることを発見しました。

30歳の男性では、喫煙が6.6年、糖尿病が6.5年、重いストレスが2.8年寿命を縮めます。

また、30歳の女性では、喫煙により平均寿命が5.5年、糖尿病が5.3年、重度のストレスが2.3年短くなります。

また、運動も生活習慣病のリスク要因の一つで、運動不足の男性は2.4年寿命が短くなります。

一方、生活の質を向上させ、野菜や果物をたくさん食べるなど、生活習慣を前向きに変えることが長寿につながります。

野菜を食べると0.9年、果物を食べると1.4年長生きします。

高齢者の場合、長寿に影響を与える要因は、成果が小さいことを除けば、若年者と同様でした。

節度ある生活をしている人は、長生きするだけでなく、最良の結果を得ることができるようです。

心理的なリスク要因も寿命に影響を与えます。例えば、多少のストレスがあっても、それが他の人の通常のレベルと同程度であれば、寿命を縮めることはありませんでした。

しかし、ストレスのレベルが高いと、寿命が数年短くなりました。

これまで、平均寿命は、年齢、性別、学歴など、いくつかの社会人口学的な背景因子に基づいて評価されてきました。

複数の異なる要因が人の平均寿命に与える影響を評価し、その効果を比較したいと考えました。

女性と男性の平均寿命の違いは、いくつかの修正可能なリスク要因に関連しているようです。

興味深かったのは、同じリスクファクターの値に基づく30歳の男女の平均余命の差が、わずか1.6年という小ささだったことです。

男女の差は30歳全員で5年以上になっており、これは女性が男性よりも健康的なライフスタイルを送っていることに起因しています。

他の危険因子のレベルが同程度であれば、教育は平均寿命にわずかな影響しか与えないようです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました