Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

姿勢を正すことが心身の健康につながる理由とは?

姿勢を正すことは、心身の健康を増進させる簡単な方法です。

姿勢の改善が心身の健康につながる理由

80%が人生のどこかで背中の問題に悩まされており、姿勢が悪いことが最も一般的な原因と考えられています。

姿勢の悪さが背中のトラブルや痛みの主な原因であるならば、悪い習慣が原因となります。習慣をコントロールするように、自分の姿勢を評価し、それに取り組むことで、腰痛を予防することができるのです。

カイロプラクターによると、長時間デスクワークをしている人は姿勢が悪くなりがちですが、多くの人がスマホを見ているだけでも、首や背中に負担がかかっているそうです。身体的な健康だけでなく、精神的にも良い姿勢を心がけるべき理由は何百とあります。

なぜ良い姿勢が重要なのか?

良い姿勢は心身の健康に影響を与え、加齢による可動性をサポートします。

姿勢が良いと、腰痛やストレスが軽減され、加齢による合併症の増加を防ぐことができることが知られています。年齢を重ねると、当然のことながら、良い姿勢を保つための力を含めた敏捷性が失われていきます。意識して良い姿勢を作ることで、年齢を重ねても動ける時間を長くすることができると医師は言っています。また、毎日のストレッチは、日常生活や将来のために、柔軟性や敏捷性を高めるのに役立ちます。

背中だけでなく、良い姿勢をとることで、胸や呼吸器が開き、健康的な呼吸をサポートします。開くといえば、カイロプラクターによると、健康的な消化をサポートすることもできるそうです。姿勢が悪くなると、内臓が不自然に押し付けられ、代謝が悪くなります。

今まであまり姿勢を意識していなかった人は、鏡を見て自分のイメージを膨らませてみましょう。自然に立っているときと、姿勢を正しているときを見比べてみてください。姿勢を正すと、背筋が伸びて自信に満ちた印象になり、気分も高まります。姿勢を正すことは、自分のボディイメージに自信を持つための簡単な方法です。

良い姿勢とはどのようなものでしょうか?

医師やカイロプラクターは、背骨を伸ばすことを良い姿勢としています。頭頂部は空に向かって押し上げ、腹部は背骨を内側に向かって押し上げます。腹筋を引き締めて、お尻を腹筋の下に入れると、体重が均等に分散されるので、体の片側に負担がかからなくなります。

次に、肩をリセットします。デスクワークの人や職人さんなど、まっすぐ前を見ていない人は、肩を落としていることが多いはずです。肘を90度の角度にして、その状態で肩を固定するのが良いでしょう。

また、足を等間隔に配置し、つま先からかかとに向かって体重を分散させることも忘れずに。新しい習慣を身につけるには、一度にたくさんのことを覚える必要があります。1日のうちに姿勢をリセットするアラームを設定し、自動的に姿勢を整えるようにしましょう。

姿勢を良くする方法

姿勢の悪さに悩んでいる人は、今からでも遅くありません。姿勢を良くするためには、アラームを設定するだけでは不十分なので、誰かの助けを借りましょう。

良い姿勢をサポートする人間工学的なツールに投資しましょう。健康的な姿勢を保つために、仕事中や歩行中に姿勢保持具を装着する人もいます。また、ワークアウトや健康管理の一環として、良い姿勢を心がけるのも良いでしょう。健康的な姿勢をサポートするヨガやストレッチを日課にしましょう。ヨガは、健康的な呼吸法とともに、新しい姿勢を強化します。

また、人間工学に基づいたオプションとして、座った状態から立った状態になることができるデスクや、立った状態で使用できるコンピュータースタンドなどもあります。立って前を向いている方が、首の緊張を防いで良い姿勢を保つことができます。パソコンで前を向いていられることは、首や腰の痛みを避けるための長期的な投資になります。

誰もが簡単にできることは、携帯電話や読書中などに下を向くのではなく、前を向くことです。睡眠も姿勢を悪くする原因であり、姿勢を支える枕やクッションがなければ矯正するのは困難です。

うつ伏せで寝るのが好きな人には残念なことですが、それは頭の位置が原因で背中や首の緊張を引き起こしています。脊椎の専門家によると、仰向けに寝て、両側に枕を置いてその姿勢を支えるのが一番良い方法だそうです。

健康的なライフスタイルに良い姿勢を加えることは、腰痛を減らすための長期的な取り組みになります。日本人の大半が腰痛に悩まされていることを考えると、将来の自分の体のために今日できることをしておきたいものです。

あわせて読みたい
    error: