Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

うつ病のリスクを高める睡眠スケジュールとは?

 

7~8時間の取得では不十分です。

睡眠時間が不規則だと、たとえ総睡眠時間が十分であっても、うつ病のリスクが高まることが分かりました。

睡眠時間と起床時間が異なる人は、全体的に睡眠時間が足りていない人と同様に、うつ病になる可能性が高いとのことです。

十分な睡眠時間を確保することに加えて、規則的な睡眠時間を維持することがいかに重要であるかを分かっています。

不規則な睡眠スケジュールは、概日リズムを乱すことで精神的な健康問題を引き起こす可能性があると指摘しています。

サーカディアンリズムとは、体の自然な睡眠・覚醒サイクルのことです。

睡眠は、メラトニンの生成と体温の低下という、体が睡眠に備えるための2つのサーカディアンリズムに一致すると、より回復しやすくなると考えられます。

ある仕事では、非常に不規則なワークスケジュールを経験し、睡眠時間も短くなります。

ウェアラブル機器を用いて、睡眠と覚醒のパターンに関する情報を収集しました。

睡眠を含むメンタルヘルスの行動的・生理的要因を、これまでよりも調べることができるようになり、エキサイティングな分野を開拓することができました。

睡眠習慣に関する自己管理の指針となるだけでなく、制度的なスケジュール構造にも役立つことを目指しています。

その結果、睡眠スケジュールが最も変化しやすい研修医は、うつ病のテストで最も高いスコアを示し、瞬間的な気分も最悪であることがわかりました。

睡眠の一貫性が、うつ病や健康に関わる重要な要素であることを示しています。

健康に関連する重要な構成要素を理解する上で、ウェアラブル機器の可能性を強調しています。

小さなお子さんをお持ちの親御さんは、不規則な睡眠時間が精神的な健康に与える影響をよくご存知だと思います。



タイトルとURLをコピーしました