新型コロナウイルス感染症の兆候や初期症状とは?コロナ重症化、予防対策方法、原因について!

新型コロナウイルス健康

新型コロナウイルス感染症は、感冒、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)などの病気の原因となるウイルスの一族です。

2019年には、中国で発生した病気の流行の原因として、新たなコロナウイルスが確認されました。
このウイルスは現在、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)として知られています。

それが引き起こす病気は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と呼ばれています。
2020年3月、世界保健機関(WHO)はコロナウイルスのアウトブレイクをパンデミックと宣言しました。

米国疾病対策予防センター(CDC)やWHOなどの公衆衛生グループは、パンデミックを監視し、それぞれのウェブサイトに更新情報を掲載しています。これらのグループはまた、病気を予防し、治療するための推奨事項を発表しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の兆候や症状

コロナ感染症の兆候は、曝露後2日から14日後に現れることがあります。
暴露後、症状が出るまでのこの期間を潜伏期間と呼びます。

コロナ感染者の兆候や症状

一般的な徴候や症状には以下のようなものがあります。
・発熱
・咳
・倦怠感

コロナの初期症状としては、味覚や嗅覚の喪失が挙げられます。
その他の症状としては、以下のようなものがあります。

・息切れや呼吸困難
・筋肉痛
・悪寒
・喉の痛み
・鼻水
・頭痛
・胸痛

このリストはすべてを網羅したものではありません。

発疹、吐き気、嘔吐、下痢など、他のあまり一般的でない症状も報告されています。
小児にも成人と同様の症状が見られ、一般的には軽症です。

コロナ感染症の症状の重症度は、非常に軽度のものから重度のものまであります。
症状が少ない人もいれば、全く症状がない人もいます。

症状が出てから1週間ほどで息切れが悪化したり、肺炎になったりと、症状が悪化する人もいます。

高齢者はコロナ感染症による重症化のリスクが高く、そのリスクは年齢とともに増加します。
また、既存の慢性疾患を持っている人も、重篤な病気のリスクが高くなる可能性があります。

コロナ感染症が重症しやすい病気

コロナ感染による重篤な病気のリスクを高める重篤な病状には、以下のようなものがあります。

・心不全
・冠動脈疾患
・心筋症など
・重篤な心臓病、癌、慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・2型糖尿病 重度の肥満 慢性腎臓病 鎌状赤血球疾患
・固形臓器移植による免疫システムの弱体化

その他の疾患も、重篤な病気のリスクを高める可能性があります。

・喘息
・肝臓病
・嚢胞性線維症などの慢性肺疾患
・脳および神経系の疾患
・骨髄移植、HIV、一部の薬による免疫系の弱体化
・1型糖尿病 高血圧

このリストはすべてを網羅したものではありません。その他の基礎疾患があると、コロナウイルスによる重篤な病気のリスクが高まる可能性があります。

病院の医師の診察を受けるタイミング

コロナ感染の症状がある場合や、新型コロナウイルス感染と診断された人と接触したことがある場合は、すぐに医師や病院に連絡し、医療上のアドバイスを受けてください。

診察を受ける前に、症状と被ばくの可能性について医療チームに伝えてください。
緊急のコロナの兆候や症状がある場合は、すぐに医療機関を受診してください。

緊急時の兆候や症状には以下のようなものがあります。

・呼吸困難
・持続的な胸の痛みや圧迫感
・意識を保つことができない
・新たな混乱
・唇や顔が青くなる

新型コロナウイルスの徴候や症状がある場合は、かかりつけの医師や病院に連絡して指導を受けてください。
心臓病や肺疾患など、他の慢性疾患を持っている場合は、医師に知らせてください。
パンデミックの間は、最も必要としている人のためにヘルスケアが利用できるようにすることが重要です。

新型コロナウイルス感染症の原因

新型コロナウイルス(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2、またはSARS-CoV-2)に感染すると、新型コロナウイルス症(COVID-19)を発症します。
このウイルスは人の間で容易に広がっているようで、それがどのように広がっていくかについては、時間の経過とともにより多くのことが発見され続けています。

データによると、密接に接触している人(約2メートル以内)の間で人から人へと広がることがわかっています。
ウイルスは、ウイルスに感染した人が咳をしたり、くしゃみをしたり、話したりしたときに放出される呼吸器の飛沫によって広がります。

これらの飛沫は、吸い込んだり、近くにいる人の口や鼻に入ったりします。
また、ウイルスが付着した表面に触れた人が口や鼻、目に触れた場合にも感染が広がりますが、これは主な感染経路ではないと考えられています。



コロナ感染の危険因子

コロナの危険因子には以下のようなものがあるようです。
コロナウイルスに感染している人との密接な接触(2メートル以内)

感染者に咳やくしゃみをされたこと
合併症
コロナに感染している人の多くは軽度から中等度の症状を持っていますが、この病気は重度の合併症を引き起こし、人によっては死に至ることもあります。

高齢者や慢性的な病状のある人は、コロナで重症化するリスクが高くなります。
合併症には以下のようなものがあります。

・肺炎や呼吸困難
・いくつかの臓器の臓器不全
・心臓の問題
・血液中の酸素量が少なくなって臓器に運ばれる重度の肺疾患(急性呼吸窮迫症候群)
・血栓 急性腎障害
・ウィルスや細菌による感染症の追加

コロナ感染の予防対策

コロナ感染を予防するためのワクチンはありませんが、感染のリスクを減らすための対策を講じることができます。
WHOとCDCは、コロナ感染を避けるために以下の注意事項を推奨しています。

大規模なイベントや大勢の人が集まる場所を避ける。
病気の人や症状のある人との密接な接触(約2メートル以内)を避ける。

特に重症化のリスクが高い場合は、できるだけ家にいて、自分と他人との距離を保つ(約2メートル以内)。

症状がなくても、自分がコロナにかかっていることを知らなくても、コロナを持っている人がいて、それを他の人に広めてしまう可能性があることを覚えておいてください。

石鹸と水で20秒以上頻繁に手を洗うか、アルコールを60%以上含むアルコール系の手指消毒剤を使用してください。

食料品店など、他人との接触を避けることが難しい公共の場所では、布製のフェイスマスクで顔を覆いましょう。
医療用ではない布製のマスクのみを使用してください。

サージカルマスクとN95呼吸器は医療従事者のために予約してください。
咳やくしゃみをするときは、肘やティッシュで口と鼻を覆う。
使用済みのティッシュは捨てる。すぐに手を洗ってください。

目や鼻、口に触れないようにしましょう。
病気のときは、食器やグラス、タオル、寝具などの日用品を共有しないようにしましょう。

ドアノブ、照明のスイッチ、電子機器、カウンターなど、触る機会の多い場所は毎日掃除し、消毒しましょう。
病気の時は、医療機関に行く場合を除き、職場や学校、公共の場所には近づかないようにしましょう。

病気の場合は、公共の交通機関やタクシー、ライドシェアは避けましょう。慢性的な病状があり、重症化するリスクが高い場合は、自分の身を守るための他の方法について医師に確認しましょう。

コロナ流行中の旅行

旅行を計画している場合は、まず最新情報やアドバイスを確認しましょう。また、旅行を計画している場所で実施されているかもしれない健康に関する勧告を探してください。また、呼吸器感染症や合併症にかかりやすい健康状態を持っている場合は、医師に相談することもできます。

送料無料のマスクサブスク

★ お気に入り追加