Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

コロナワクチンの注射が筋肉に届かなかったらどうなる?気になる副反応!

健康
 

肩の筋肉を露出しやすい服を着ることで、ワクチンが正しい位置に届くようにすることができます。

初めての新型コロナウイルスのワクチン注射の予約を取るときのワクワク感の後には、副作用や、注射を間違って打ってしまったときのことなど、心配事があるかもしれません。

コロナワクチンはどこに刺さるのか、そして針が外れた場合はどうなるのか、簡単に説明します。

コロナワクチンが筋肉に刺さる理由

どのワクチンを接種するにしても、三角筋(肩)に注射する必要があります。

ワクチンを注射すると、ファイザーやモデルナのワクチンに含まれるmRNAが筋肉細胞に入り、ウイルスのスパイクタンパク質の一部を作るように指示します。これにより、体が抗体を作るきっかけとなり、いつコロナウイルスに接触しても、抗体がコロナウイルスを認識して撃退してくれるのです。

つまり、不活性化した風邪ウイルスを使って、新型コロナウイルスの遺伝子情報を筋肉細胞に運び、そこで免疫反応を誘発するスパイク・プロテインを作ります。

新型コロナウイルスのパンデミック時に、健康、安全、正気を保つための方法をご紹介します。

ワクチン失敗したらどうなるの?

新型コロナウイルスワクチンでは、筋肉を見逃してしまう可能性があります。
これは、腕によって脂肪の量が異なるためです。

BMIが非常に高いカテゴリーに入る人など、体の大きな人は、筋肉に到達するために長い針が必要になることがあります。
そうしないと、三角筋を見逃すことは難しいです。

このような事態が発生し、ワクチンが脂肪に注入された場合の対処法について、医療機関に同じ量のワクチンを繰り返し接種しないように指示しています。

2回接種のワクチンの1回目の接種時にエラーが発生した場合でも、正しい間隔で2回目の接種を受けるべきです(ファイザーは21日後、モデルナは28日後)。

ワクチンを確実に打つためには、肩を出しやすい服を着ましょう(例えば、シャツの首を肩に回してしまうのではなく)。

ワクチン副反応(副作用)に注意すること

注射がうまくいかなかったと思われる場合、医師は副作用の可能性について自分に説明する必要があります。

ワクチン投与に関連した肩の負傷と呼ばれる問題を指摘しています。ワクチンが肩関節に注射された結果、炎症を起こして以下のような症状を引き起こすことがあります。

腕や肩の痛み
腕の脱力感
可動域の問題

肩の痛みや炎症は、怪我と勘違いしやすいものです。
なかなか治らない肩の痛みがある場合は、コロナワクチンを接種したことを医師に伝え、評価をしてもらいましょう。

新型コロナウイルスワクチンが自分の筋肉を見逃してしまう可能性はあまり高くありません。
しかし、様々な理由から、副作用や反応に注意し、懸念があれば医師に報告することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました