長寿につながる若々しい性格の特徴とは?

健康

これらの性格的特徴を持つ人は、長生きする可能性が高いです。
共感性、冷静さ、エネルギーは、長生きを予測する性格的特徴の一つであることが、明らかになりました。

これらの性格的特徴は、50年後の人々の長寿を予測しました。

これらに加えて、整頓好きな人、知的好奇心が強い人、成熟している人も長生きします。

一方、若い頃に衝動的だった人は、それほど長生きしないようです。

衝動的な人は、自分で考えたりコントロールしたりせずに行動する傾向があります。

すべての人に、性格、家庭環境、その後の収入や仕事について尋ねました。

その結果、6つの性格要素が長生きに関係していることがわかりました。

エネルギー
共感
穏やかさ
整理整頓
知的好奇心の強さ
成熟度

の順でした。

また、衝動性だけが寿命を縮める要因となりました。

性格は、さまざまな方法で寿命に影響を与える可能性があります。

性格と健康状態の悪化を結びつけるライフコースメカニズムには、健康に悪い行動をとることや、免疫系、内分泌系、心血管系の消耗による長期的な影響が含まれます。

また、不適応な特性は、後の教育達成を制限し、中年期の職業上の昇進を妨げ、離婚のリスクを増加させるようです。

しかし、思春期の性格がどれほど予測できるかは驚くべきことだと、書いています。

ある意味では、性格と死亡の関連を思春期にまで遡ることは驚くべきことです。

つまり、人は長寿に対する性格の影響を払拭するには十分ではないということです。


タイトルとURLをコピーしました