Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

スピーチやプレゼンで人前で話す技術と緊張しない9つの上達方法とは?

 

人前で話をすることは、誰もがいつかはしなければならないことでしょう。
それは、勉強をしているときや、仕事上の場面でのことかもしれません。

このような状況では、不安になりがちで、時には、完全に圧倒されてしまうこともあります。では、どうすればいいのでしょうか?大勢の人の前でスピーチをしなければならないとき、自分の気持ちをコントロールするための一連のコツがあります。

あるテーマについて十分に素晴らしく語ることができれば、そのテーマがマスターされたかのような慰めの幻想を作り出すことができる。

人前で話す前の準備

人前で話すときに不安が募ると、それが力となって自分を苦しめることになります。しかし、人前で話すことに多少の不安を感じる程度であれば、かえってスピーチの準備をしなければならなくなるかもしれません。実は、最初のコツは「プレゼンの準備」なのです。

そのためには、準備と練習のための時間を確保する必要があります。そのためには、準備と練習のための時間を設定する必要があります。時間を分割して、準備のためのブロックを作ることができます。

“よく準備されたスピーチは、すでに10分の9が届けられている。”

2つ目のアドバイスは、スピーチは明確で、一般の人が理解しやすいものでなければならないということです。そのためには、達成したい目的を明確にし、聴衆を誰にするかを考えなければなりません。このようにして、スピーチを行うための適切な構造とツールを選択することができます。このようにして、スピーチを行うための適切な構造やツールを選択することができます。オーディエンスによって、スタート地点や到達できる深さのレベルが決まります。

第三に、成功するためには、自分のスピーチを一字一句読まないように気をつけなければなりません。どうやって?そのためには、アウトラインや短いメモなど、十分なサポートを用意することです。これには、自分のスピーチをガイドするオーディオビジュアルプレゼンテーションも含まれます。

練習を繰り返す

プレゼンテーションを向上させるためにできることは、それだけではありません。資料を十分に準備した後は、練習を始めなければなりません。これが第4のステップで、自宅でスピーチのリハーサルを行います。そう、声を出してです。そうすれば、聴衆の前でスピーチをする前に、改善すべき点を聞くことができます。

しかし、家で練習するだけではありません。5つ目のコツは、スピーチをする場所に行って、そこで練習することです。このようにして、スピーチを行う場所に慣れておくことで、不安を解消することができます。さらに、十分な機材が用意されているかどうか、どこに出入りすればよいかを確認することもできます。

会議室でリラックス

この後、スピーチをする前にすべきことは、リラックスすることです。深呼吸などのリラックス法を実践することで、緊張に負けてスピーチを忘れてしまうことのないようにしましょう。このようにして、スピーチの重要なポイントを忘れないようにします。

人前で話すときはどうすればいいの?

プレゼンを開始したら、さらに戦略を練ることが大切です。7つ目の方法は、ビジュアルコンタクトに注意を払うことです。少なくとも一時停止の間は、一人の人や部屋の特定の場所にこだわらず、参加者を見ることが非常に重要です。また、聴衆が自分をどう評価しているかを顔で判断してはいけません。なぜなら、それは自分をより緊張させるからです。

“私たちは、多くのことを話しますが、ほとんど言いません。より多くのことを表現するためには、より多くのことを考えたほうがよい。”

自分が何を言っているのかに集中することは有効です。どうやって?プレゼンを成功させる8つ目のコツは、非言語的なコミュニケーションです。聴衆の注意を引くためには、声の大きさ、速さ、トーンを微妙に変化させながら中程度のレベルにとどめることが重要です。

最後に、聴衆の注意を引きつけ、人前で話す技術をマスターするための9つ目のコツは、ユーモアを使って聴衆の笑顔を引き起こすことです。笑いではなく、情報からあまり目をそらさないようにするのです。また、人間にはミスがあることを忘れてはいけません。もし、口が滑ったり、頭が真っ白になったりしても、それを否定してスピーチを続けてください。頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました