Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

大人気のイチゴのすごい健康効果とは?豊富な栄養がある!

 

ベリー類の中で最も人気があり、よく知られているのがイチゴです。

このフルーツは、多くのキャンディーやドリンクの人工的なフレーバーとして非常に人気があるだけでなく、デザートの添え物としてもよく使われています。新鮮な本物のフルーツは、それだけでヘルシーなデザートになります。

幸いなことに、これらのベリー類は鮮やかでおいしいだけでなく、健康的でもあります。イチゴを食生活に取り入れようと考えている方は、イチゴの豊富な健康効果を知って、おやつに取り入れてみてはいかがでしょうか。

イチゴには豊富な栄養素がある

いちごのおいしさの最大の特徴は、そのおいしさに加えて、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれていることです。イチゴに含まれる重要なビタミンとミネラルをご紹介します。

ビタミンC:このビタミンは、免疫力を高め、脳卒中、ある種のがん、高コレステロールや高血圧のリスクを軽減するのに欠かせません。さらに、血糖値を調整することで糖尿病にも効果があります。

葉酸:この栄養素は、安全な妊娠、健康な赤血球の維持、心臓病の予防に不可欠です。

カリウム:このミネラルは、正常な細胞機能、適切な神経伝達、筋肉の収縮、腎臓の機能に必要な電解質です。また、心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げる効果もあります。

食物繊維:食物繊維は便秘を解消するだけでなく、血糖値を安定させ、消化を調整し、「悪玉」LDLコレステロール値を下げる働きがあります。

他にも、イチゴにはそれほど多くはないものの、微量栄養素が含まれています。

カルシウム
鉄分
マグネシウム
リン
ナトリウム
亜鉛

マンガン
セレン
ビタミンB群
ビタミンE

植物性栄養素を含むベリー類

植物性栄養素とは、果物や野菜などの植物が作り出す化学物質で、抗酸化作用や抗炎症作用があります。イチゴには多くの植物性栄養素が含まれているため、抗酸化物質の宝庫と呼ばれています。イチゴに含まれる植物化学物質と抗酸化物質をご紹介します。

エラグ酸

このファイトケミカルは、体内の炎症を抑え、ブドウ糖の代謝を改善し、皮膚のコラーゲンの分解を防ぎ、シワを防ぐ効果があります。また、肝臓を保護し、抗がん作用があると言われています。

フラボノイド

これらの植物化学物質は、がん、心血管疾患、アルツハイマー病のリスク軽減に関連しています。イチゴに豊富に含まれるフラボノイドには次のようなものがあります。

アントシアニン

イチゴの赤い色の元となっている抗酸化物質で、がんの原因となるフリーラジカルを中和するため、抗がん作用があります。また、抗炎症作用があり、関節炎患者の症状を緩和することがわかっています。

ケルセチン

このフェノール化合物は、感染症の抑制、精神的・肉体的パフォーマンスの向上、抗がん作用があります。また、心血管にも効果があります。

カエンフェロール

このポリフェノール系抗酸化物質は、心血管疾患、がん、肝障害、肥満、糖尿病に対して多くの有益な効果があることが示されています。

カテキン

この天然フェノールは、感染症、がん、肥満、糖尿病、心血管疾患から守る抗酸化物質です。また、健康な肝臓と健全な神経系の機能を促進します。

イチゴを長期的に食べると健康に良い

イチゴを長期的に食べることで、確実に健康効果を得ることができます。その内容は以下の通りです。

心臓の健康増進

イチゴに含まれる植物性栄養素や微量栄養素などの化合物を摂取することで、心血管リスクが低下することが、多くの臨床研究や疫学研究で証明されています。フラボノイドには抗凝固作用があり、毎日摂取することで、脳梗塞の原因となる血栓を防ぐことができます。さらに、イチゴに含まれるカリウムと葉酸も、心臓発作や脳卒中のリスクを下げるのに役立ちます。

新陳代謝の向上

イチゴに含まれるいくつかの有効成分は、新陳代謝を高めることがわかっています。さらに、イチゴを食べることは、血糖値のコントロールを改善し、糖尿病や肥満を含む代謝障害のリスクを低減することに関連しています。

アンチエイジング効果

イチゴを食べることで、加齢に伴う運動能力や認知能力の低下を遅らせることができると発表しました。また、豊富な植物性栄養素と抗酸化物質が、シワや日焼けなどの肌の老化現象を抑えることもわかっています。イチゴは、加齢や日焼けによる目の病気である白内障の減少にも関連しています。

免疫力アップ

イチゴ1カップで1日のビタミンC摂取量を満たすことができます。ビタミンCは健康な免疫システムに不可欠です。これらの果物を食べることで、風邪やインフルエンザなどの病気や感染症を撃退する免疫力が高まります。

抗がん作用があります

果実に含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質は、がんの原因となるフリーラジカルを中和します。体内の炎症はがんと関係があると言われているため、イチゴの抗炎症作用もがんを防ぐのに役立ちます。

内臓の炎症を抑える

研究によると、この果物は、体に炎症を起こし、さまざまな健康問題を引き起こす可能性のあるC反応性タンパク質のレベルを下げることがわかっています。このような抗炎症作用は、心血管の健康に良いだけでなく、関節リウマチや狼瘡の再燃のエピソードを減少させることができます。

イチゴのおもしろい事実

イチゴの健康効果は明らかですが、このおいしい果物についてのあまり知られていない事実を知ったら、興味を持つかもしれません。

イチゴはバラ科の植物で、春に最初に熟す果物です。
食べている果肉のある赤い部分は、実は植物の茎です。
研究によると、砕いた果実を使ったカクテルや、本物の果実を使ったストロベリーダイキリなど、イチゴを使ったアルコール飲料を飲むと、果実の抗酸化力が高まるという。
イチゴ1カップで、1日の推奨摂取量の100%のビタミンCを摂取でき、カロリーはわずか55kcalです。

凍らせたイチゴは生のイチゴとほぼ同量の栄養素を保持しているので、簡単に保存して後でスムージーに使うことができます。

イチゴは、外側に種がある唯一の果物です。種はエナメル質を剥離するので、食べると自然に歯を明るくすることができます。

タイトルとURLをコピーしました