姿勢を改善し腰痛を軽減・予防する為の8つの簡単なエクササイズをご紹介!

ジムトレーニング健康

背中や首の痛み以外にも、研究者たちは姿勢の悪さから生じる可能性のある他の多くの問題を発見しています。
バランスの悪さ、頭痛、呼吸困難、さらには胸やけも、姿勢が落ち込んだ結果です。
そのため、医師はこれらの問題をすべて回避するのに役立つ特別な運動を行うことを推奨しています。

姿勢を改善して腰痛を治すエクササイズ

専門家の推奨に従い、休憩中でも実行できる悪い姿勢を修正するための8つのシンプルで効果的なエクササイズをジムをしているトレーナーに聞いたので、ご紹介します。姿勢が悪かったり、腰痛を感じる方はストレッチから始めてください。
現在、症状がない方も、予防効果があります。

1.肩を開く
2.足を肩幅に離し、腕は体に沿ってまっすぐ下に、背中もまっすぐにします。
腕を横に上げ、胸を開きます。
3.前に腕を入れ替えることから始めてください。
右手を左に、左手を右にして、肘を合わせます。
4.肩甲骨が機能しているのを感じるはずです。
5.45秒から1分間、腕の交差を繰り返します。



2.翼を上げる

1.足を肩幅に離し、足を膝で少し曲げて、前かがみになります。背中は平らにしてください。
2.床を見て頭をまっすぐにします。
3.腕を側面に持ち上げ、肘で曲げます。肩甲骨を絞ってください。
4.手を胸の前に持ってきてください。
5.45秒から1分間飛行しているように、肩甲骨を圧迫することを繰り返します。

3.四肢胸部ローテーション

1.四つん這いになって。
2.片方の手を頭の後ろに置きます。秒針を前に伸ばし、床に置いてください。
肘を床に向けて下げます。
4.次に、同じ肘を 天井に向かって回転させます。
頭を肘と同じ方向に回転させます。
5.これを45秒から1分間行い、手を変えて、反対側で繰り返します。



4.スクワットしてリーチ

1.入る、深いスクワット。手を渡り、足に手を伸ばします。左手は右足に触れ、右手は左足に触れます
2.起動し、その後ダウン右手を上げて。頭は腕に続くべきです。
3.45秒間繰り返し、次に腕を変えて反対側で繰り返します。

5.椅子に伸ばす

1.コンピュータの前で作業しているときでも、この練習は椅子で行うことができます。
2.手を頭の後ろに持ってきて、肘を両脇に広げます。
3.上背部を伸ばすことに焦点を当て ます。
4.後ろに傾いて背骨を伸ばします。
5.座るのに疲れていると感じるたびに、このエクササイズを繰り返します。



6.バンドオーバーアンドバック運動

1.この運動は、 ゴムバンドまたはタオルで行うことができます。
2.オーバーハンドグリップでバンドを真正面に持ちます。
3.バンドを引き離し、緊張を作ります。
4.バンドを上げてから、後ろで後ろに上げます。
5.この練習を45秒間繰り返します。

7.アッパーバックキャットストレッチ

1.腰をかかとに向けて床にひざまずきます。前腕はフォームロールの上に置く必要があります(枕を使用することもできます)。
真ん中を丸めて呼吸してください。
2.息を吐き始め、胸をアーチ状に床に向けてアーチ 状にします。
3.背中の緊張を感じるはずです。これを腰に感じた場合は、お尻をかかとの近くに移動します。
4.1日あたり2〜3回、8〜12回繰り返します。

8.フォームロールエンジェル

1.フォームロールまたはクッションの上に横になります。手のひらが上を向くように、手を横にしてください。
2.そっとあごを押し込んで首の後ろを伸ばします。
3.肋骨を下げて腰を平らにします。腹部を強く張らないでください。
4.肩が床に向かって落ちるのを感じながら、3〜20分間、ゆっくりと呼吸を開始します。
5.胸と肩がリラックスすると、ゆっくりと腕を上に動かすことができます。前腕は床に留まる必要があります。

座っている間、自分の姿勢を保つのを手伝ってください。
テレビを見ながらでも、できます。姿勢が改善します。

あと、一番簡単な方法が、肩の後ろに巻いたタオルを置くだけです。
タオルが落ちないようにして、まっすぐに座るようにしてください。

デスク作業が多い方、年齢を重ねたり、運動不足や筋力不足の方、女性の方、太っている方、背中に痛みを感じたらぜひお試しください。



★ お気に入り追加