Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

老けない老化を防ぐ若返り・病気予防・ダイエット方法の研究論文まとめ【保存版】

老けない老化を防ぐ若返り方法

・食べる量や食べる回数を減らすこと、糖質を減らす体の変化

  • 圧倒的に若返り見た目がよくなる
  • 体中の炎症が減って謎の不調が消えて体調が良くなる
  • 圧倒的に疲れにくくなる
  • メンタルが安定する

タンパク質を食べて食欲を止めてください

タンパク質は、空腹ホルモンであるグレリンを下げて空腹感を減らす効果があります。
お菓子やごはんはつい止まらなくなります。満足できず食べてしまうのは、たんぱく質が入っていないので、食欲が止まらないからです。
食欲をコントロールしているのは、タンパク質で、どれだけ食べたかによります。肉や魚単体だとあまり食べれないのは、タンパク質が豊富だからです。
食欲を止めるのに効果的です。ダイエットになり、砂糖をやめるうえで重要です。食事でタンパク質をとることで、デザートや間食がなくなります。魚類、卵、肉類、大豆類を食べましょう。

糖質制限・食べる量を減らす効果

・空腹で病気を遠ざける
・断食することで体重・体脂肪を減らす、糖尿病やがん予防
・オートファジーが発動して、体の内側から若返る
・長寿遺伝子活性化で健康で長生きできる
・お金や時間の節約にもなる
・脂肪を分解して燃やしてくれる
・食べすぎは、老化を大きく加速、様々な病気になる
・体調不良が治り体調がよくなる
・様々な病気で原因のAGEが減る
・糖分が減ることで体内の炎症が減る
・血栓が出来ないので脳梗塞・心筋梗塞予防になる
・糖尿病予防になる
・頭がよく働く・すっきりする
・疲れにくくなる体になる
・とても体が軽くなる
・メンタルの健康を保つことができる
・脂質をエネルギーにする体質になる
・頭の回転力が上がり集中力がよくなり高まる
・抑うつ症状・うつ病リスクを減らす
・糖質中毒にならない
・血糖値が上がらない

 

抗酸化物質やビタミンで若返る、肌の老化を防ぐ

・果物や野菜を食べる、睡眠をとる

 

睡眠不足の影響

老ける、死亡率が高くなる、太る、健康やメンタルボロボロ、肌や髪がボロボロ
甘い食べ物や飲み物は避けましょう。
セロトニンやドーパミンが出ますので、幸せな気分になりますが、一瞬だけです。
体は血糖値が急上昇しておりますので、急激にインスリンが分泌されて、急激に血糖値がダウンします。
低血糖状態になります。

低血糖状態になると

負のループになり、甘いものを食べてテンションを上がりますが、不快な状態になる。
その繰り返しは、血糖値が乱高下して、血管をボロボロにして、インスリン分泌能力が衰え、インスリンの効き目が悪くなり糖尿病になります。

  • イライラする
  • 気持ちが不安定になる
  • 吐き気に襲われる
  • 眠気に襲われる
食べ過ぎ、糖質、甘いもの・甘い飲み物を取り続けると、糖尿病をはじめとした様々な深刻な病気になっていきます。
テンションが上がったり下がったり糖質中毒になり、うつ病や抑うつ、イライラや気分の浮き沈みなど、メンタルの状態が悪くなります。

甘い飲み物は、死亡リスクが上昇します。心臓病やがんで亡くなる可能性が高いです。
砂糖が添加された飲み物は、死亡リスクが24%高くなった研究結果があります。

甘い食べ物、特に甘い飲み物に注意してください。
さらに特に甘いお酒には、たっぷりの砂糖が入っています。お酒は、砂糖+アルコールのダブルパンチです。
お酒を控えるのがいいですが、飲むのであれば、甘くないお酒を飲みましょう。

食べ過ぎや糖質を減らすことで、ダイエットになり、健康に気をつけ、病気予防につながります。
また、体調が良くなったり、老化を予防したり、体も変化していきます。

砂糖を2週間でやめるための最強方法

  • 糖質中毒はいずれ抜けて楽になると知っておく
  • 家の中を徹底的に大掃除する
  • たんぱく質で食欲を止める
  • MCTオイルで脂肪燃焼エンジンを起動させる(ケトン体で満腹中枢に働きかけ痩せやすい体になります。お腹が空きにくくなり食欲がなくなります。)
  • 運動で砂糖中毒から抜け出す

2022年の最新研究によると、コーヒーを毎日飲むと、身体は変化します。

コーヒーの健康効果

  • 強力なアンチエイジング効果
  • 脳の老化を防止する
  • メンタルを健康にする
  • 強力なダイエット効果
  • 糖尿病を予防する

コーヒー飲むだけで老化予防・長生きできる

毎日飲むだけで死亡リスクを10%〜20%減らす飲み物は、コーヒーです。
長生きするために、コーヒーも毎日飲むようにしましょう。この研究は日本なので信頼性が高い研究です。
老化防止や若返りにも効果があり、1日3杯〜5杯飲むようにしましょう。

カフェイン以外にポリフェノールがたっぷりで、クロロゲン酸が入っていて、血管の老化を防ぎます。
全身の老化を防ぐことができます。動脈硬化を予防。

コーヒーはお肌に良い

活性酸素を除去すると老化を予防できます。クロロゲン酸は、活性酸素を除去できるので、シミやたるみなどお肌の老化を予防する効果があります。
さらに光老化からお肌を守ってくれます。紫外線は、肌のシミやしわたるみなど肌老化を防ぎます。

コーヒーは脳の老化を防ぐ

脳卒中・認知症、2つのリスクをコーヒーは下げてくれます。脳の老化を守る最強の薬です。
脳機能や認知機能低下を遅らせることができます。

メンタル効果に効果的

不安が消えない、メンタルが落ち込みがちにもコーヒーを飲む習慣がメンタルに良い影響を与えることがハーバード大学の研究でわかっています。
うつ病のリスクが20%も低かったのです。コーヒーを飲むことで、脳の気分をよくするドーパーミンが増加することも関係しています。
メンタル疾患予防に効果的です。

ダイエットに効果的で体脂肪を減らす

コーヒー消費量が多いほど、体脂肪レベルが低い。カフェインとクロロゲン酸には脂肪を燃やす効果があります。
コーヒーを飲むことで体脂肪が減ります。また、空腹感や食欲を抑える効果があります。
コーヒーを飲むと満腹中枢に働きかけ、空腹を感じさせなくします。脂肪を燃やして、食欲を抑えてくれるので、痩せたい方は飲むことをおすすめします。

2型糖尿病のリスクを下げる

糖尿病は誰にでもかかる可能性がある病気で、最も怖い病気です。
79歳までで2017年時点720万人が糖尿病で、病院にかかっていない人を加えると、1,000万人を超えて、6分の1がかかっている国民病です。
食生活の乱れの蓄積です。日々の糖質量に注意が必要で、コーヒーを飲むことが重要です。よく飲むことで、低下することがわかっています。
膵臓のベータ細胞(インスリンを分泌する)の機能を保護。110万人のデーターによると、コーヒーを飲むほど30%リスクが下がります。

ネガティブな情報は根拠がありません。毎日コーヒーを飲むべきです。健康効果がいいです。



あわせて読みたい