Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

新型コロナのワクチンについて絶対知っておきたい5つのこと!

健康
 

恐怖と孤独の中で生活し、私たちが知っていた「普通」と思われる生活のあらゆる側面を根こそぎ奪ってしまった1年後、ほとんどの人は、新型コロナウイルスと戦うためのワクチンが登場したことに感謝しています。

最初に発売されたのはモデルナ社のワクチンでしたが、現在ではファイザーなど新しいワクチンが加わり、集団免疫の獲得に向けた競争に拍車をかけています。

残念ながら、多くのワクチン接種が行われているにもかかわらず、ためらいがあり、ワクチンを全く受けないという選択をする人もいます。

コロナワクチンの製造過程が過去の同様の取り組みに比べて非常に早かったことは事実です。
しかし、この理由を、数十年にわたるワクチン技術研究成果を活用したものです。

毎日、数え切れないほどの命と生活が失われているというグローバルな性質と前例のない緊急性のために、多くの一般的な障壁を乗り越えて、全体的なプロセスを加速することができたそうです。データを見れば、これらのワクチンが非常に効果的で、安全で、忍容性が高いことが誰にでもわかります。

それでも、袖を通す前に答えてもらいたい質問が山ほどあるのは理解できます。
そこでコロナに関する重要な事実をご紹介します。

1.ワクチンの安全性と有効性を裏付ける十分な研究結果があること

新型コロナウイルスワクチンは、他のワクチンに比べて短期間で製造されましたが、それには切迫した必要性以外にも十分な理由があります。

ワクチンを作るための研究と技術は、SARSやMERSのワクチン研究ですでに知られていたものを基にしています。

それだけではありません。これらのワクチンは、安全性と有効性を確保するために、何万人ものワクチン試験参加者を対象に研究されてきました。

そして、これまでのところ、現実の世界での証拠がそれを裏付けています。
この種の最初の大規模な研究では、約120万人を対象とし、ファイザー社のワクチンは症状のある新型コロナウイルス感染を94%予防する効果があることがわかりました。

さらに世界で多くの投与が安全に行われています。

さらに、新型コロナウイルスワクチンを接種することで得られるメリットは、潜在的なリスクをはるかに上回ることが示されています。

2.ワクチンを打っても新型コロナウイルスにはならない

ワクチンの仕組みをよく知らない人は、ワクチン自体に新型コロナウイルスの感染が含まれていると考えるのが妥当だと思うかもしれません。
しかし、そうではありません。

モデルナ社とファイザー社のワクチンはmRNA技術を使用しており、新型コロナウイルススパイクタンパク質の一部に似たタンパク質を作るように細胞に指示するメッセージが含まれています。これにより、免疫系が活性化され、抗体反応が起こり、体がそのタンパク質を必要としていないため、取り除くことができるのです。

そして、仕事が終わった後もmRNAは残りません。

ワクチンに含まれていたmRNAは、メッセージが読み取られてから約6時間後に破壊され、細胞のDNAに入り込むことができなくなります。

一方、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンは、同社のホームページによると、アデノウイルス・ワクチンです。
つまり、不活化された風邪のウイルスを使って、新型コロナウイルスの遺伝子を細胞に運び、細胞はウイルスを模倣したタンパク質を作り、免疫システムがウイルスを撃退するように仕向けるのです。

3.新型コロナウイルスに罹患していてもワクチンを接種すべき

新型コロナウイルスに感染した人がどのくらいの期間、他の感染症から保護されるかについては、自然免疫と呼ばれるものがありますが、まだ結論は出ていません。そのため、医療関係者は、16歳以上の人には、すでにウイルスに感染していても、ワクチンを接種することを勧めています。

専門家は、自然免疫やワクチンによる免疫効果の持続期間などについてまだ研究を続けており、今後、研究が進むにつれて推奨事項が更新されていきます。

一方で、現在新型コロナウイルスに感染している場合、症状が治まり、隔離が終わるまで待ってワクチン接種を受けることを勧めています。

4.妊娠中または授乳中の人はワクチンを受けるべきである

ワクチンの研究では、これらのグループは特に含まれていませんでしたが、いずれも、ワクチン接種の基準を満たす妊娠中および授乳中の人には、ワクチンの接種を控えるべきではないと推奨しています。

妊娠中の女性は、同じ年齢や健康状態の非妊娠中の女性と比べて、新型コロナウイルスの感染による重症化を経験しており、この感染は早産を引き起こす可能性があります。

妊婦や授乳中の女性は、個々のリスクとワクチン接種のメリットについて、主治医と相談することをお勧めします。

5.ワクチンでパンデミックを解決することはできない

新型コロナウイルスワクチンが接種されても、マスクをしたり、社会的に距離を置いたり、手指の衛生管理を徹底したりする日々がすぐに終わるとは思えません。

実際、ある程度正常な状態に近づき始めるのはまだ先かもしれないです。それも、100%正常に戻るという意味ではないと指摘します。

マスクや社会的距離を置くことは、不確定な期間、生活の一部になるでしょうから、これに備える必要があります 。
現在、ワクチンは波状的に展開されているため、時間がかかりますが、すぐに手を上げないことが大切です。

パンデミック後の正常な状態に戻るまでに多くの命を救うために、自分の役割を果たし続けることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました