コーヒーを醸造する最も健康的な方法

健康

あるコーヒーの淹れ方は心臓発作の可能性を高め、別の淹れ方は長寿につながります。

コーヒーの淹れ方は、心臓病のリスクや寿命に強く影響すると言われています。

科学者たちによると、最も健康的なコーヒーの淹れ方は、心血管疾患や心臓発作による死亡のリスクを下げるため、フィルターを使った淹れ方です。

濾過されたコーヒーとは異なり、濾過されていないコーヒーを飲むと、心臓発作や心臓病による死亡が増えると言われています。

研究では、コーヒーの淹れ方と心臓発作や長寿との間に関連性があることを示す、強力で説得力のある証拠が得られました。

濾過していないコーヒーには、血中コレステロールを増加させる物質が含まれています。

フィルターを使用することでこれらが除去され、心臓発作や早死になる可能性が低くなります。

コーヒーは人気のある飲み物であるだけでなく、最も一般的に使用されている刺激物であり、最も安全なものであると考えられます。

研究で、コーヒーの摂取が心臓にダメージを与えるような方法で、総コレステロールと「悪玉」コレステロール(低密度リポタンパク質)のレベルを上昇させることを発見。

コーヒーに含まれるジテルペン類のカフエオールやカフェストールといった物質を検出しました。これらの物質は、心臓にダメージを与える原因となりますが、フィルターで取り除くことができます。

フィルタリングされたコーヒーとは対照的に、フィルタリングされていないコーヒー1杯には、脂質を増加させるジテルペン類のカフエオールとカフェストールが30倍多く含まれています。

このコレステロールへの影響により、心臓発作や心臓病による死亡が増えるのではないかと考えました。

しかし、コーヒーを飲む人と飲まない人を無作為に決める試験を行うのは倫理的に問題がありました。

そこで、大規模な集団研究を行い、数十年後にその結果を報告することにしました。

研究チームは、1985年から2003年にかけて、ノルウェーの健康な成人50万人以上を対象に調査を行いました。

そのデータによると、コーヒーを飲むことは一般的に安全な習慣であり、コーヒーを飲まない場合に比べて、実際にフィルターを通したコーヒーを飲む方が健康に良いことがわかりました。

フィルタリングされたコーヒーを飲むことは、あらゆる原因による死亡リスクを15%減少させることと関連していました。

また、心疾患による死亡リスクは、女性では20%、男性では12%減少しました。

最も死亡率が低かったのは、1日1〜4杯のフィルター付きコーヒーを飲んだ人でした。

フィルターなしのコーヒーは、フィルターありのコーヒーに比べて、心臓病、心臓発作、その他の原因による死亡リスクの増加につながりました。

分析によると、これは無濾過コーヒーがコレステロールを増加させる効果を持つことが一因であると考えられます。

コレステロール値が高いことを知っていて、それを何とかしたいと思っている人は、カフェティエールで淹れたコーヒーを含め、無濾過のコーヒーを飲まないようにしましょう。

それ以外の人は、良心を感じながらコーヒーを飲むために、フィルター付きを選びましょう。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

タイトルとURLをコピーしました