1日1食で脳の老化を11年遅らせる効果がある食べ物とは?

食品

食べてください。脳にいいんです。

1日1食の葉物野菜が、記憶力や思考力を維持する可能性があることが、明らかになりました。

1日1食以上の葉物野菜を食べた高齢者は、認知能力が11歳若返ったことに相当するという。

これは、葉物野菜をほとんど食べていない人と比較してのことです。

1日1食、緑の葉野菜を食べることは、脳の健康を促進するための簡単な方法かもしれません。

高齢者の増加に伴い、認知症の人の割合は急激に増加し続けています。

認知症を予防する効果的な戦略が切実に求められています。

記憶力と思考力を検査しました。

それぞれの人が、サラダやレタスなどの緑の食材をどのくらいの頻度で食べているかを調査の結果、葉物野菜を多く食べるほど、認知機能が向上していることがわかりました。

結果は、緑の葉野菜を食べることが脳の老化を遅らせることを証明するものではありませんが、関連性を示しています。

タイトルとURLをコピーしました