Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

不眠症でも熟睡できる!睡眠の質を上げる完璧な眠りの方程式とは?

適切な休息をとることで、驚くほど生産的な一日を過ごすことができます。しかし、睡眠不足になると、機嫌が悪くなり、運動不足になり、仕事で最高のパフォーマンスを発揮できなくなることがよくあります。どちらが良いかは明白ですが、最高の睡眠をとることは必ずしも簡単ではありません。

気が散るもの、夜更かしする仕事、眠れない不安な気持ち、SNSの呼びかけなど、自分で決めた時間までに眠ること(そして眠り続けること)は、ほぼ不可能に感じられるです。

しかし、良い睡眠には努力が必要です。ここでは、より良い休息とより良い日々のために、1日の中に取り入れるべき睡眠に関する重要な習慣をいくつかご紹介します。

正しいベッドと布団

まず、睡眠の土台がしっかりとしていないと、どうせ負け戦になります。その土台とは、もちろんベッドです。寝心地の悪いベッドでは、良い睡眠を得ることはできません。

上質なマットレス、柔らかく高級感のある布団、ちょうど良い感触の枕など、良いベッドに投資することを心がけましょう。また、毛布の大きさを変えるなどして、さらに快適な睡眠を手に入れましょう。

良い睡眠のためのスケジュール

スケジュールを立てることは、最も難しいことのひとつですが、重要なステップです。毎日(週末も)同じ時間に寝起きすることは、快眠のための体づくりには重要なことです。

脳は一定の時間起きていること(そして眠っていること)に慣れ、毎晩就寝時刻になると自然に休息する準備ができるようになります。そうすれば、「もう月曜日だ」と目覚ましに叫ばれる朝も、すんなり起きることができます。

ハードなワークアウト

眠るためには、疲れが必要です。もちろん、私たちの体は1日の間にさまざまな機能を果たしており、たとえ1日中ソファで横になっていたとしても、その夜は眠らなければなりません。

しかし、日中に活動的になることで、体が疲れを感じ、夜には眠れるようになるのです。ジムに通い(ただし、できれば就寝間際にならないように)、日中に汗を流しましょう。ジムの会員になっていない場合は、ランニングをしたり、自宅で激しい運動をするのもよいです。

計画的な食事時間

消化の良し悪しは睡眠にも影響します。お腹に重たいものを入れたままベッドに向かうと、なかなか寝付けず、胸焼けなどの不快な症状が出るかもしれません。

食事は就寝時間に合わせて計画しましょう。専門家の中には、就寝の3時間前に最後の食事をとるよう勧める人もいます。つまり、午後9時に眠りたいのであれば、最後の食事を午後6時ごろに済ませ、就寝までに消化されるようにしましょう。

夕方のスクリーンタイムを制限する

就寝時間間近に携帯電話を使いすぎると、さまざまな悪影響があります。ブルーライトは脳を覚醒させ、その刺激は眠りにつくのに非常に役に立ちません。

夕方のスクリーンタイムを制限するか、寝る1時間前までにデバイスの電源を完全に切るようにしましょう。寝る前にテレビやSNSを見る代わりに、軽いヨガや瞑想をしたり、家族と静かな時間を過ごしたり、本を読んだりして、眠気を誘うようにしましょう。

温かいシャワーを浴びる

寝る前に温かいシャワーを浴びると、リラックスして体温調節ができ、ぐっすり眠れます。暑すぎたり寒すぎたりするのを防ぎ、寝返りを打つ時間を短縮することができます。

また、シャワーは長い1日の疲れをリフレッシュし、リラックスして、寝る前に世俗から切り離すのに最適な方法です。

理想的な就寝前の習慣

人それぞれ、自分にとって理想的な習慣があり、それにはさまざまなアクティビティが含まれます。瞑想、掃除、読書、日記、ストレッチ、自分を甘やかすこと、一日の計画を立てることなどです。

どのようなことでも、心を澄ませ、体をリラックスさせ、最高の睡眠を得ることができるようにすることが大切です。

あわせて読みたい
    タイトルとURLをコピーしました