Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

疲れ目やデジタル眼精疲労を治す対策方法と原因とは?

コンピュータビジョン症候群またはデジタル眼精疲労は、コンピュータ、タブレット、電子書籍リーダー、携帯電話などのデジタル機器を長時間使用することによって生じる問題群を表す用語として使用されています。眼精疲労は、デジタル画面の使用時間が長いほど増加するようで、現在では、これが多くの時間であることは誰もが知っています。

デジタル眼精疲労の原因とは?

デジタル画面を見ることは、目を酷使することになり、視力に関する症状を引き起こしやすくなります。デジタル画面を見ることは、印刷されたページを読むこととは異なるからです。

コンピュータや携帯端末に表示される文字は、鮮明で正確ではありません。
文字と背景のコントラストが弱い。
画面の反射やまぶしさにより、見づらくなる傾向があります。
見る角度や距離が異なります。

デジタル・ビジョンの問題を改善しないままにしておくと、症状が悪化することがあります。頭痛、目のかすみ、ドライアイなどの症状が出ることがあります。処方されたレンズを持っていても、さまざまなデジタル・スクリーンの特定の表示距離に適していないと感じるかもしれません。その結果、頭を変な方向に傾けたり、背中や首、肩に筋肉のけいれんや痛みを感じたりすることがあります。

デジタル眼精疲労を軽減するためにできることとは?

平均して1日7時間、デジタル画面の前で過ごしています。デジタル眼精疲労に関連する視力障害の予防や軽減には、次のようなものがあります。

デジタル機器の使用に関する視覚的な要件に特に重点を置いた、徹底的な眼科検査を受ける。毎年、総合的な眼科検診を受けることをお勧めします。
コンピュータ使用専用に処方されたレンズが有効な場合があります。

デジタル画面からのまぶしさを軽減するための特別なレンズの色合いやコーティングを固く信じています。また、モニター、タブレット、モバイル機器、蛍光灯やLED照明からのブルーライトは、長期的に視力に悪影響を与える可能性があります。特殊なコーティングとレンズの色合いは、ブルーライトの有害な影響を軽減することができます。

1日中、コンピュータの前で休憩を取る。電話やコピーをしたり、同僚と話をしたりと、近くにあるものに目を集中させないように、何か別のことをしましょう。20分ごとに20秒休憩し、離れたものを見るというものです。

ドライアイになるのを防ぐには、まばたきを頻繁に行い、目の表面を湿らせるようにします。
視覚療法プログラム(別名、ビジュアルトレーニング)に参加する必要がある場合もあります。
視覚療法とは、目と脳がより効果的に働くように訓練することで、視覚能力を向上させることを目的とした体系的な視覚活動プログラムです。

コンピュータの最適な使用方法とは?

コンピュータの使い方に注意することで、デジタルでの眼精疲労を軽減することができます。

座る位置

椅子はパッド入りで、体にフィットするものがよいです。椅子の高さは、足が床に平らになるように設定する必要があります。また、手首がキーボードの上に乗らないよう、アームがタイピングをサポートするようにします。

コンピュータの画面の位置-コンピュータの画面を見るときは、目線を下に向けるとより快適です。画面は目の高さより15~20度下(画面の中心から約4~5インチ測定)、目から20~28インチの位置にあるのが最適です。
そのような資料は、キーボードの上、モニターの下に配置するのが望ましいです。

それが難しい場合は、モニターの横にドキュメントホルダーを設置することもできます。資料は、資料から画面に目を移すときに頭の位置を変える必要がないように配置する必要があります。

まぶしさを避けるために画面を配置する。
特に窓や頭上の照明からのまぶしさを避ける。窓ガラスをカバーしたり、デスクランプに低ワットの電球を使用する。
アンチグレアスクリーン – スクリーンから反射される光の量を減少させるスクリーングレアフィルターが販売されています。

あわせて読みたい