Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

コレステロール値を下げる一般的なおすすめの食品

 

善玉コレステロールとして知られるHDLコレステロールは、心臓病のリスクを下げるのに重要です。

アーモンドを食べると、「悪玉」コレステロールを除去するだけでなく、「善玉」コレステロールのレベルが向上することが明らかになりました。

高密度リポタンパク質(HDLコレステロール)として知られる善玉コレステロールは、心臓病のリスクを低下させるのに重要です。

アーモンドは栄養価が高く、ビタミンEとBを多く含んでいます。

また、カルシウム、銅、鉄、マグネシウム、マンガン、リン、亜鉛などのミネラルの供給源であり、良質の脂肪と繊維も含んでいます。

アーモンドは、動脈などの組織から「悪玉」コレステロールを集めて体外に運び出すのを助けるHDLコレステロールの機能を高めることができる。

無作為化比較試験では、無塩のホールナチュラルアーモンドを1日43g、6週間摂取する食事をした人では、HDLコレステロールのレベルと機能が改善されたことが示された。

このグループは、同様の食事をしたものの、アーモンドの代わりにマフィンを食べた人と比較されました。

その結果、アーモンドダイエットを行っている間、参加者のHDL値と機能性が向上したことがわかりました。

ULP結婚相談所公式サイトはこちら

HDLは、循環に放出されると非常に小さくなります。

ゴミ袋のようなもので、細胞や組織からコレステロールを集め、肝臓で分解される前にゆっくりと大きくなり、球形になっていきます。

HDLコレステロールは、非常に小さいプレβ-1 HDLから非常に大きいα-1 HDLまで、異なる亜種と粒子サイズに分類されています。

プレβ-1 HDLの濃度が高く、α-1 HDLの濃度が低い場合、単独または組み合わせて、心血管疾患のリスクが高くなることがわかっています。

低脂肪食にアーモンドを導入することで、HDLの亜種と機能が改善され、従来の低脂肪食によるα-1 HDLの減少を防ぐことができます。

アーモンドを摂取した場合、摂取しなかった場合に比べて、より大きな粒子が多く存在することを示すことができました。

これは、小さな粒子が本来の役割を果たしていることを意味します。

組織に行ってコレステロールを取り出し、大きくなって、そのコレステロールを肝臓に運んで体外に排出しているのです。

DMM FXは初心者向け

タイトルとURLをコピーしました