ストレスが与える脳への意外な影響とは?

ビジネス

恐怖を感じたり、何らかの脅威にさらされたりすると、コルチゾールレベルが上がります。

ストレスは文字通り脳を縮小させることがあると、新しい研究が示唆しています。

また、「ストレスホルモン」であるコルチゾールの値が高い中年の人は、同ホルモンの値が平均的な人に比べて、記憶力テストの成績が悪いという。

マインドフルネス、適度な運動、よりよい睡眠などの一般的なアプローチは、すべてストレスを軽減するのに役立ちます。

認知機能の老化を解明する上で、大きな関心を集めている要因の一つが、現代生活におけるストレスの増大です。

動物実験では、ストレスが認知機能の低下につながることがわかっています。

大規模なサンプルにおいて、朝のコルチゾールレベルが高いことが、脳の構造や認知機能の低下と関連していました。

コルチゾールレベルも検査しました。

ULP結婚相談所公式サイトはこちら

コルチゾールは、ストレスレベルに応じて体内で上昇するホルモンです。

検査の結果、コルチゾールの濃度が高い人は、脳の体積が小さく、記憶力も悪いことがわかりました。

しかし、認知症の兆候があった人はいませんでした。

コルチゾールはさまざまな機能に影響を与えるため、高濃度のホルモンが脳にどのような影響を与えるかを十分に調査することが重要です。

コルチゾールと記憶について調べた研究は他にもありますが、中高年を対象に、空腹時の血中コルチゾール濃度と脳容積、さらに記憶力や思考力について調べたのは、今回の地域密着型の大規模な研究が初めてだと思います。

ストレスを感じると、闘争・逃走反応であるコルチゾールレベルが上昇します。

恐怖を感じたり、何かに脅かされたりすると、コルチゾールレベルが上昇します。

ストレスを軽減するために心がけることに早すぎるということはない、という一般的な常識を追加するものです。

DMM FXは初心者向け

タイトルとURLをコピーしました