不眠症美容

不眠症の治し方と原因とは?睡眠不足を改善する治療方法!

不眠症は、睡眠で寝れない状態、一定期間眠りに落ちたり、眠りについたりすることができない状態のことです。

原因不眠症は病気ではなく症状であり、すべての年齢層に影響を与えます。

しかし、不眠症の重症度は、年齢を重ねるごとに増していきます。

不眠症を治す方法とは?

誰もが人生のどこかの時点で、入眠できなかったり、睡眠時間を長く維持できなかったりした経験があると思いますが、だからといって睡眠不足になるわけではありません。

たまには眠れないのも当然です。

しかし、常に眠れない状態と向き合うことは、真剣に考えるべきことです。

不眠症は他の病気と違って体を死滅させるものではありませんが、睡眠不足から生じる過労、不安、イライラ、落ち込み、集中力の低下などの問題は、ゆっくりとした毒が体を乗っ取って障害になることに変わりはありません。

不眠症の人や過去に不眠症にかかったことのある人は、不眠症が人をここでもそこでもない煉獄のような状況に陥れることを知っています。

しかし、わざと起きているだけでは、不眠症の状態にはならないことに注意が必要です。よほどのことがない限り、それは悪い判断でしかありません。

不眠症の治療は、それの状態とその原因によって異なりますので、それに移動する前に、不眠症の種類とその原因について議論してみましょう。

不眠症の種類と睡眠不足の原因

一過性の不眠症は、一般的に1週間以内の不眠症で、ストレスの多い状況(離婚、死亡、試験など)、時差ぼけ、勤務時間の変化、不快な室温、何らかの病気の存在などが原因となります。

急性または短期の不眠症は、一般的に1ヶ月以内に持続し、痛み、呼吸障害、下痢、鼻づまり、胸づまり、発熱などの身体的な病気と相まって、上記の障害が長期化することによって引き起こされます。

慢性または長期の不眠症が1ヶ月以上続く場合は、うつ病、不安、何らかのトラウマ、統合失調症などの精神的な障害と、長期の痛みや疲労、胃食道逆流症(GERD)、喘息、睡眠時無呼吸、パーキンソン病、アルツハイマー病などの身体的な障害の両方が原因となります。

また、いずれかのタイプの不眠症は、障害に対して処方されている薬や、就寝前のカフェイン、ニコチン、アルコールの摂取が原因となることもあります。

不眠症の効果的な治療改善方法

不眠症の治療は、資格を持った開業医の手の中で完全な病歴を持つ適切な診断から始まります。

焦点は、徹底的な検査と問題への貢献者の同定になります。ほとんどの場合、単にこれらの原因を治すだけで、生活に戻って睡眠を誘発するのに十分です。

不眠症の治療は、非医学的治療と医学的治療の両方によって提供することができます。

非医学的治療

非医学的治療は、カフェイン飲料やアルコール飲料や煙を避け、運動を含む適切な睡眠衛生を設計し、実装するために呼び出します。

寝る前の食事、部屋の温度や照明の調整、リラクゼーション療法(瞑想、寝る前のウォーキング、軽音楽)、昼間の就寝を避け、規則正しい睡眠習慣を維持することで、必ず違いが出てきます。

医学的治療

医学的治療は、非医学的治療と組み合わせて行うのが最も効果的です。

ベンゾジアゼピンや非ベンゾジアゼピン系の鎮静剤、ラメルテオン、抗ヒスタミン剤、メラトニン、抗うつ剤、バレリアンのような薬は、診断と現在および以前の医学的状態に応じて、施術者によって処方されることがあります。

不眠症の治療を求めるのは、睡眠があなたの上に落ちるのを期待して待つよりも良いでしょう。

睡眠不足の原因を取り除かない限り、睡眠を待っていても意味がありません

★ お気に入り