加齢から脳を守る3つのおいしい果物!いちごが若さを保つ食品だった?

ビジネス

脳の若さを保つことができる食品があります。

いちご、ブラックベリー、ブルーベリーは、加齢に伴う認知機能の低下を抑えることが明らかになっています。

この3つの果物には、フラボノイドが多く含まれています。

フラボノイドは強力な抗酸化物質で、脳や体の炎症を抑える効果もあります。

人口の高齢化が進んでおり、この層が抱える健康問題を理解することがますます重要になっています。

ベリー類の摂取量を増やすことで、認知機能の低下を遅らせることができます。

ベリー類の摂取量が多いと、認知機能の老化を2.5年分遅らせることができました。

言い換えれば、ベリー類は脳を2.5歳若返らせたように働かせるということです。

高齢女性の認知機能低下の進行を遅らせる可能性があります。

摂取量を増やすことは、高齢者の認知機能を保護するための非常に簡単な食生活の改善であるため、発見は重要な意味を持ちます。

アルツハイマー病のリスク低減に関連する「MIND」ダイエットの中心的な構成要素の1つでもあります。

特にブルーベリーは、脳に強い影響を与えるようです。

濃縮ブルーベリージュースが高齢者の認知機能を向上させることが、明らかになりました。

ブルーベリージュースを飲んだ人は、脳内の血流や活性化が改善され、ワーキングメモリも向上。

脳力の向上は、ブルーベリーに含まれるフラボノイドによるものです。

イチゴも、クルミと同様に、その保護効果を裏付けます。

タイトルとURLをコピーしました